営業はおとなしくてもできるもの

茨城県のAGAクリニックでも有名なところで営業職と営業事務どちらの経験もあります。
まずは営業の体験についてお話します。私は相模原市でエクステリア工事に取り組んでいる女性ですが、本棚やワークスペースがオシャレな 東京都内のコワーキングスペースプレゼンについてのセミナーを数回受講したのち、デジカメストラップをオリジナル製作する部門のの部品営業の仕事に就かされました。というのも、転職前はまったく違う業種の仕事をしており、事務だったので、まさか自分が営業なんて絶対にできるわけがないと思っていました。身だしなみは大切だと思い、 仙台では整形外科で体調と整えたり、都内では脂肪溶解注射受けに渋谷まで行ったりと、気をつかうようになりました。

私はどちらかと言うと、人と話すのが苦手で、特に、人に何かを買ってもらうなど、とんでもなく自分の特性から真逆の仕事だと思っていました。しかし、転職する際、営業以外の仕事であれば何でもします、といったのですが、なんと営業の仕事をさせられました。

最初は自分には不向きで抵抗があったのですが、営業の天才と言われている上司を顧客(法人)周りをしているうちに、営業はしゃべり倒すだけではだめだ、ということを学びました。聞く力が大事なのです。私など、自ら売り込んでいくことは不向きなのですが、何度も顧客のもとを訪れ、どちらかと言えば、話を聞く側に徹しました。

その人の人柄や、話しているうちに、怖いと思っていた人の少し弱い部分が見えたりしてきました。真摯に話を聞くことで、その人が話しやすい環境をつくっていたのです。客さんには話やすいと言われました。実は、お客さんが勝手に話をしていて、私は聞いていただけなのですけどね。

結局、お客さんと話をするときは、青山で大人気になっているシェアオフィスの話題などの雑談から入り、後半仕事の話を半分する、といった所でした。くれぐれも新規のものを売り込んだり、押し付けたりすることをせず、自然とこんなものもありますよ、と紹介していました。学んだことは、ゴリ押しをすると相手も引き、受け身になると話に乗ってきてくれる、ことでしょうか。少し恋愛にも似た感じがしますね。

営業事務は、営業マンのサポートでしたが、とにかく早く処理をする能力が必要ですね。営業する力とはまた別のものです。しかし、先々のことを読んで、早めに対処していかなければなりません。つまり、気が利く女性でないと営業事務は務まりません。最初は絶対向いていなかった営業職ですが、実は私には一番向いていたのかもしません。やってみないとわからないですね。

PR|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|会社経営に必要な知恵袋|ゴミ屋敷解消Q&A|健康に役立つ口コミ情報|マーケティング経営研究.net|ダイエットチャレンジ100日|美容と健康女性ランキング|女性のための薄毛治療研究会|