新しい店舗オープンに際して、自らのネットワークからの営業が集客につながります。

新しい店舗をオープンした際に、フライヤーの配布や看板設置など、発信をして集客へつなげることは、第一におさえるべき方法です。

 

そして、不特定多数に告知することと同時に自らが営業することも、とても効果的です。

 

でも、営業経験がなかったり、なかなか飛び込み営業は気が引ける…などど、おっくうに思ってしまうこともあるかもしれません。

でも、特にオープン時は逆に自ら営業がやりやすいと考えてください。

そして、自分のネットワークから営業することも可能ですから、ハードルを下げて考えましょう。

 

現代はSNSで発信することは、皆さん上手にやっています。

それと同時に、やはり1対1でお知らせをいただくと、BCCよりも印象に残りますし、やはり嬉しいものです。

知人に丁寧に、店舗オープンの告知をお知らせして、足を運んでもうらようにすることも、大事で確実な営業であることを忘れてはいけません。

 

店舗の集客は、口コミによるところが大きいです。

それは、知っている人の実体験が、安心だったり信頼がおけるからです。

それを知人が行ってくれたら、実体験がより近くなるので、とてもよい集客の営業へとつながっていくのです。

 

集客においては、多方面での営業をかけていることが大事です。デジタルマーケティングにも同じことが言えます

店舗の近所界隈のお店や住人に対しても、丁寧に挨拶をしながら告知していくことが大事です。

近所のお店が、さりげなく話題に出してくれたりすることも期待して、やはり界隈でのさりげない挨拶で廻る営業活動は、ネットーワーク作りにおいても、集客につながり重要で基本です。